ワタルカフェとは


2018.08.15 過去のイベント(2018年)に記事を追加しました。
・松永希&今井忍 LIVE 2018年4月15日
2018.02.17 これからのワタルカフェ 更新しました。
・松永希&今井忍 LIVE 2018年4月15日
2018.02.08 過去のイベント(2017年)に記事を追加しました。
・2017年10月8日 佐久間順平&黒田かなで ライブ

 

ワタルカフェとは


「自衛隊に入ろう」などで知られる伝説のフォークシンガー高田渡さんは 岐阜県北方町に生まれ、8歳までこの地で過ご しました。

北方町が 高田渡さんの『生誕地』であることは、町民にさえ多くは知られていません。 この北方町が高田渡さんの生誕地であることを 広く町内外にアピールし、特色ある町づくりにつなげたいと考えています。

高田渡さんの歌や生き方の魅力を再認識してもらう為に、月に一度『ワタルカフェ』を開いています。
また、高田渡さん関連のイベント(高田渡メモリアルコンサート等)の紹介など、情報をホームページで発信しております。この活動を通じ、北方町が音楽や文化の新しい交流の場になればと願っています。

 

高田渡プロフィール


高田渡1949年(昭和24年)1月1日~2005年(平成17年)4月16日
出身地:岐阜県本巣郡北方町俵町

高田豊の4男として生まれる。父豊は、北方町会議員を経験し町長選に立候補するが落選。北方保育園の設立にカを注ぎ初代園長となった。

昭和32年、母を病気でなくし父は私財をすべて売り、子供4人を連れ北方を後にし東京ヘ。 渡は19歳の時作った「自衛隊に入ろう」で注目を浴びる。

アメリカのトラディッショナルなフォーク ソングに日本の詩人山之口獏、金子光晴などの詩を載せて歌う彼の曲作りは、後の多くのフ ォークシンガーに影響を及ぼす。生活観のあふれるメッセージ性の強い彼の歌は晩年再び脚光を浴び、ライブ会場には多くの若者たちが訪れるようになった。

没後、数度にわたる追悼コンサートが行われ彼を偲んだ。日本のフォーク史上、決して欠かすことの出来ない人物である。

小室等LIVE

これまでの出演者

古橋一晃さん
佐藤GWAN博さん
茶木みやこさん
斉藤哲夫さん
野澤享司さん
大塚まさじさん
東京タワーズさん
高田漣さん
加川良さん
佐久間順平さん
金森幸介さん
よしだよしこさん
シバさん
辻香織さん
中川五郎さん
村上律さん
高石ともやさん
笠木透さん
いとうたかおさん
松田ARI幸一さん
宮武希さん
木村充揮さん
有山じゅんじさん
福岡風太さん 祝春一番

ページトップへ ▲
北方町まちづくり活動助成事業
Copyright ワタルカフェ. All Rights Reserved.